オーストラリアウェディング!独身最後の夜

最後の夜の過ごし方!まさにエアーズロック

オーストラリアでは結婚式の前に、これから夫婦になる男女が、それぞれ別々に独身最後の夜を楽しむパーティーに参加します。男性版は”バックスナイト”、女性版は”ヘンズナイト”という名前が付いています。

通常はこれらのパーティーは友人が幹事をしていて、場を盛り上げるために、ストリッパーを会場に手配することが多いようです。日本ではちょっと信じ難いですが、オーストラリアでは割と頻繁に行われているようです。もう1つ、日本とは違った面白い行事があります。結婚式の披露宴で、新婦がブーケトスをするのは日本でもおなじみですが、オーストラリアでは、”ガータートス”というのがあります。新婦が”ガーター”と呼ばれる、リボンなどの装飾を施したリング状の物を足の太腿部分に付けておくのですが、それを新郎が口で外して、未婚の男性諸君に向かって投げるのです。

 

 

その投げられたガーターを見事受け取った男性は、次に結婚のチャンスがあると言われています。もちろん、披露宴に出席のゲストが全員見ている前でするので、見ているこちら側が恥ずかしくなるくらいですが、伝統的な物なので、ゲストも暖かく見守り、”ガータートス”のおかげで盛り上がるようです。

 

可哀想な珍事件!